アフリカからの留学生増加で、日本との架け橋人材育成目指す

2019/09/09

日本経済新聞(2019年8月12日)によると、外務省は2020年度からアフリカから来日する留学生向けに、新たな国費留学の枠組みをつくり、留学生数を増やす方向です。国費留学の制度を強化することで、アフリカからの日本企業に勤める働き手を増やすほか、政治家や官僚などエリート層にも日本に通じる人材を浸透させることが目的だと言います。

アフリカの修士の学生を対象としたABEイニシアティブ(アフリカの若者のための産業人材育成イニシアティブ)などの政策推進により、徐々に留学生の数自体は増加しています。しかしながら、日本のアフリカの留学生が約2400人にとどまるのに対し、中国で学ぶアフリカの留学生は6万人と推計されます。

また、留学生のほとんどが、大学院生以上の現状であるため、今回から、高校生段階から日本に通じた人材の確保を狙います。日本に留学する高校生、大学生それぞれ20人の事務経費を全額国費でまかないます。期間は高校生が1年間、大学生は3カ月です。いずれも、2020年度予算の概算要求に反映する予定です。

アフリカは人口が2050年に世界全体の26%にあたる25億人に増えると予測され、今後の成長が見込まれます。日本政府は民間企業にアフリカ進出を促していますが、現地に日本語を話せる人材が少なく、企業が進出に二の足を踏む一因となっています。そんな課題を、日本で学んだ留学生の力を借りて、解決できると期待されます。

アフリカ進出をご検討中の企業様はぜひANZAまでお問い合わせください。
アフリカ進出計画のご相談はもちろん、アフリカ駐在員によるクイック調査アフリカ現地企業ニーズ情報の提供現地視察のプランニング現地テスト販売など幅広いサービスをご用意しております。メールマガジンも配信しておりますので、ご希望の方はこちらよりご登録ください。

ANZAは日本企業のアフリカ進出を支援するAAICが運営しております。
AAICのこれまでのアフリカでのプロジェクトはこちらからご覧いただけます。


<参照>

日本経済新聞 「対アフリカ国費留学を拡充 中国の人材囲い込みに対抗」 2019年8月12日
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48482290R10C19A8PE8000/