自国でスマートフォン製造を開始、ルワンダ

2019/10/11

10月8日のCNNの記事によると、ルワンダのポール・カガメ大統領は、10月7日、首都キガリでアフリカ初のハイテクスマートフォンファクトリーを設置することを発表しました。本プロジェクトの背景には、ドバイに本部を置くパンアフリカ企業であるMara Group(マラ・グループ)の存在があります。

代表者は、「Maraの携帯電話は、ルワンダで製造されている高品質の製品のリストに加わっています」とキガリ郊外にあるMaraの携帯電話工場で話し、「手頃な価格で高品質のスマートフォンを提供する」と述べています。

ルワンダで2種類のスマートフォンを製造

現在、ルワンダのMaraの工場では、2種類のスマートフォンを製造しています。

1つが、16GBのMara Xモデルで、120,250フラン(130ドル)。もう一つが、32GBのMara Zモデルで、約175,750フラン(190ドル)で販売されています。(参照:https://maraphones.com/

どちらのスマートフォンにも、ハイスペックなカメラや音声機能が含まれています。2種類のデバイスは、それぞれMaraのウェブサイト、およびキガリの店舗で購入可能です。

MaraグループのCEO、Ashish Thakkar氏は、このデバイスが広範なニーズに対応し、様々な機会を創出すると述べました。「数年前、高品質で手頃な価格のスマートフォンが、私たちの大陸にポジティブな社会的影響をもたした」と述べ、「スマートフォン普及により、経済的包摂が可能になる」と主張しました。また、「現在、アフリカ諸国の多くの人は、高品質だが高価なスマートフォンか、手頃な価格だが低品質であるスマートフォンの2択しかなかった」と付け加えました。Thakkar氏は、ルワンダでの開発支援に対する会社のコミットメントも強調し、200人の工場従業員の90%がルワンダ人で、60%が女性であることを強調しました。

ルワンダ産のスマートフォン、まずは国内から

Maraのルワンダ担当カントリーマネージャーであるEddy Sebera氏はCNNに、「製品に対する高い需要を予想し、ルワンダの工場には、年間数百万台のスマートフォンを製造することができる。需要の増加に応じて規模を拡大する予定だ」と話しています。最初のターゲット市場は、ルワンダ国内ですが、すでに製品の輸出も視野に入れています。

国内のスマートフォン普及率アップにも期待

ルワンダのICT大臣ポーラ・インガビレ氏は、工場が雇用の創出とスキルの向上に役立つと期待しています。「この工場は、高度な製造業の仕事のために専門家を雇って訓練するでしょう」と述べました。従業員数は、5年目までに約200人から500人以上に増加すると予測されています。また、インガビレ氏は、国内生産により、スマートフォンの普及を少なくとも10%増加させることができると予測しています。スマートフォンの普及により、モバイル金融サービスを通じて農村コミュニティへの金融包摂が促進され、新しいサービスも期待できます。

実は、アフリカ産のスマートフォンは他にもあった

南アフリカの新興企業Onyx Connectは、2017年に低価格のスマートフォンを発表しました。また、AfriOneはナイジェリアで初めてスマートフォンを製造しています。
アフリカ最大のスマートフォンメーカーといえば、Tecnoが挙げられます。同社は、中国企業の Transsionのグループ会社であり、アフリカのスマートフォン市場の50%以上を占めています。

アフリカ進出をご検討中の企業様はぜひANZAまでお問い合わせください。
アフリカ進出計画のご相談はもちろん、アフリカ駐在員によるクイック調査アフリカ現地企業ニーズ情報の提供現地視察のプランニング現地テスト販売など幅広いサービスをご用意しております。 メールマガジンも配信しておりますので、ご希望の方はこちらよりご登録ください。

ANZAは日本企業のアフリカ進出を支援するAAICが運営しております。
AAICのこれまでのアフリカでのプロジェクトはこちらからご覧いただけます。

<参照>
Rwanda opens ‘first entirely homemade’ smartphone factory in Africa
https://edition.cnn.com/2019/10/08/africa/rwanda-smartphone-factory/index.html