10名のアフリカの起業家がJack MaのNetpreneur Prizeのファイナリストに選出

2019/10/17

Disrupt Africa によると、10人のアフリカの起業家が、新世代のアフリカの起業家を応援する、初のNetpreneur Prizeのファイナリストに選ばれました。今後、最終イベントでピッチし、100万米ドルの賞金を目指します。この賞は、Jack Ma(ジャック・マー)財団が今後10年間で100人の起業家を対象とした助成金1000万米ドルに含まれています。

第1回目となるNetpreneur Prizeには、10,000件近くの応募がありました。

今回、ファイナリストに選出された10名は、来月ガーナのアクラで行われるグランドファイナルに参加します。グランドファイナルでは、ジャック・マー、Econet(エコネット)のグループの創設者Strive Masiyiwa、第一銀行ナイジェリア議長Ibukun Awosika、アリババグループの副社長であるJoe Tsaiの4名が審査員を務めます。

今回の10名のファイナリストの紹介

ナイジェリアから4名選出

農業系スタートアップ、Thrive AgricのAyodeji Arikawe、
血液検の配送を行うLifeBankのTemie GIWA-Tubosun、
クラウドベースの医薬品プラットフォームを運営するDrugStocのChibuzo Opara、
ガーナとナイジェリアで事業展開するBlack SwanのTosan J. Mogbeyi Teren博士。

エジプトから2名選出

食品配達スタートアップMummの Waleed Abd El Rahman、
バイオサイエンススタートアップNawah-Scientificの Omar Sakr博士。

ルワンダから2名選出

環境に優しい靴のブランドを展開するUZURI K&Yの Kevine Kagirimpundu、
安全な水へのアクセスを可能にするWater Access RwandaのChristelle Kwizera。

残り2名は、リベリアのパーム油製品メーカーJ-Palmの Mahmud Johnson、
コートジボワールの「Made in Africa」マーケットプレイスAfrikreaのMoulaye Taboure。

ジャック・マーは、「私はアフリカで出会った起業家からインスピレーションを受けている。起業家の多くは、アリババを数年前に立ち上げたときに直面した時と、同じような課題に取り組んでいる。アフリカのビジネスヒーローの可能性は無限であると本当に信じている。」と期待します。

アフリカ進出をご検討中の企業様はぜひANZAまでお問い合わせください。
アフリカ進出計画のご相談はもちろん、アフリカ駐在員によるクイック調査アフリカ現地企業ニーズ情報の提供現地視察のプランニング現地テスト販売など幅広いサービスをご用意しております。メールマガジンも配信しておりますので、ご希望の方はこちらよりご登録ください。

ANZAは日本企業のアフリカ進出を支援するAAICが運営しております。
AAICのこれまでのアフリカでのプロジェクトはこちらからご覧いただけます。


<参照>
10 African entrepreneurs named finalists of Jack Ma’s Netpreneur Prize
https://disrupt-africa.com/2019/10/10-african-entrepreneurs-named-finalists-of-jack-mas-netpreneur-prize/