ついに、アフリカでも!ナイジェリアで4G LTEネットワークを利用できるようになる⁉

2019/11/13

太陽光発電を使用して4Gネットワークを提供

ナイジェリアのインターネットサービスプロバイダーであるTizeti(ティゼティ)は、4G LTEネットワークを開始しました。同社は、Y Combinatorが支援するスタートアップで、2018年に300万ドルのシリーズAラウンドを調達しました。

今回、初の4GおよびISPサービスを提供するにあたり、ポートハーコート市に4G対応の最高のタワーを建設し、太陽光発電を使用してネット接続を提供できるようになりました。

西アフリカで事業展開するTizeti 

Tizetiは、主にナイジェリアの首都ラゴスで事業を展開しており、今年はガーナにも進出しました。同社は、アフリカの人口密度の高い都市部にブロードバンドインターネットサービスを提供しています。

CEO兼共同創立者のKendall Ananyi氏によると、2020年に西アフリカ諸国に事業をどんどん拡大していく方針です。低コストで利用できるように、Wi-Fiソーラー基地局を構築しています。「従来のモバイルデータプラン30〜50%のコストで、無制限のインターネットを顧客に提供できます」と彼は話します。同社の無制限プランの価格は、1か月あたり9,500ナイジェリアナイラ(約26ドル)です。

現在、110万名のユーザーを抱え、西アフリカのブロードバンドプロバイダーMainOneFacebookのExpress Wi-Fiとのパートナーシップを利用したインターネットサービスをパッケージ化しています。

インターネット普及率はまだまだ課題

ナイジェリアはアフリカ最大の経済力を持ち、人口も2億人を超えています。海外の企業も含め、ナイジェリアの人口の多さに惹かれて、ビジネスを展開しています。しかしながら、アフリカ(主にサハラ以南のアフリカ)は、インターネット普及率の世界ランキングにおいて、依然として最下位にあります。

そんな状況ではありますが、大陸全体として急速な成長を続けています。特に、インターネットユーザーの数が多いサハラ以南のTop3である、ナイジェリア(123,000,000人)、ケニア(46,000,000人)、南アフリカ(32,000,000人)では変化が著しいです。

今後の4G普及により、インターネットを活用したビジネスの拡大が期待できます。

アフリカ進出をご検討中の企業様はぜひANZAまでお問い合わせください。
アフリカ進出計画のご相談はもちろん、アフリカ駐在員によるクイック調査アフリカ現地企業ニーズ情報の提供現地視察のプランニング現地テスト販売など幅広いサービスをご用意しております。メールマガジンも配信しておりますので、ご希望の方はこちらよりご登録ください。

ANZAは日本企業のアフリカ進出を支援するAAICが運営しております。
AAICのこれまでのアフリカでのプロジェクトはこちらからご覧いただけます。

<参照>