エジプトのフィンテックスタートアップ『Khazna』がシードラウンドの資金調達を達成!

2020/04/02


エジプトのフィンテックスタートアップ『Khazna』は、Algebra Ventures主導のもと、新製品の発売とユーザーベースの拡大を目的としたシードラウンドの資金調達を終了しました。

Khaznaは、アクティブなスマートフォンユーザーであるものの正式な金融サービスにほとんどアクセスできない2000万人以上のエジプト人にモバイル金融サービスを提供することを目指しています。

エジプトの携帯電話事情   


エジプトのICT省によると、2019年11月時点におけるエジプトの携帯所有率は95.4%、インターネット浸透率は46.9%。携帯電話市場では、格安な携帯電話よりもAndroid搭載の低価格スマートフォンが売り上げを伸ばしています。

Khazanaのサービスと今後の展望  


Khaznaは主要な銀行及び企業とのパートナーシップにより、市場の非公式な金銭のやり取りに代わるサービスを提供しています。主なサービスは、Khaznaのパートナー企業を通じて利用が可能な従業員の給与の前払いシステムで、クレジット(銀行などからの借り入れ)へのアクセスが制限されている個人が不測の事態に対応できるよう支援しています。

本サービスの拡張と新たなサービスの提供を実施するため、KhaznaはAlgebra Ventures主導のもと、シード資金を調達しました(調達額は非公開)。

「今回集めた資金は、新しい技術、データ、分析ツールを活用し銀行口座を開設できない層にサービスを提供することにより、金融包摂(Financial Inclusion)に焦点を当てたサービスを前進させるために使用されます。」Khaznaの共同設立者兼CEOオマールサレ氏は、上記のように述べています。

Algebra VenturesのマネージングパートナーであるTarek Assaad氏は、「エジプトのフィンテックスタートアップの新しい波が地元および国際的な投資家から関心を集めている」と述べました。また、「Khaznaと一緒にこのラウンドを主導できることにわくわくしています。オマール氏は非常に優れた起業家であり、彼と彼のチームが創りあげるKhaznaは、今後数年間でエジプトの最も変革的なスタートアップの1つに成長すると信じています。」とKhaznaに大きな期待を寄せていることを明らかにしました。

アフリカ進出をご検討中の企業様はぜひANZAまでお問い合わせください。
アフリカ進出計画のご相談はもちろん、アフリカ駐在員によるクイック調査アフリカ現地企業ニーズ情報の提供現地視察のプランニング現地テスト販売など幅広いサービスをご用意しております。メールマガジンも配信しておりますので、ご希望の方はこちらよりご登録ください。

ANZAは日本企業のアフリカ進出を支援するAAICが運営しております。
AAICのこれまでのアフリカでのプロジェクトはこちらからご覧いただけます。


《企業情報》
Khazna
■設立年:2019年
■本社所在地:エジプト
■資本金:非公開
■企業URL:https://khazna.app/
■事業概要:フィンテックを用いた従業員の給与前払いシステムを提供する。

《参照》
2020年3月16日閲覧
Egyptian fintech startup Khazna raises seed funding round led by Algebra Ventures