ナイジェリアローンチから2週間、テックスタートアップSafebodaが総ユーザー数100万人を突破!

2020/04/02


2020年3月16日、Uberのバイクタクシー版サービスを提供するSafebodaはウガンダでのローンチ以来、計100万人のユーザーを突破したことを発表しました。待望のナイジェリア、イバダンでのローンチからたった2週間での達成です。(ナイジェリア、イバダンローンチについての記事はこちら)

SafeBodaの歩み


創業者のRicky Rapa Thomson氏が、ボダボダ(バイクタクシーのこと)の安全性を懸念したことから、SafeBodaの事業は始まりました。

ウガンダの犯罪および交通安全に関する年次報告書によると、2011年に交通事故が原因で命を落とした人の数は3,343名。WHOは実際の死亡人数はその2倍を上回ると予測しています。

また、国連によるウガンダの道路の安全性に関する特別レポートは、首都カンパラにおいて、ボダボダでの事故が原因で亡くなる人は毎日10名を超えると公表しました。

2014年、ボダボダのドライバーであったRicky氏はこの状況を危惧し、乗客用のヘルメットを購入。さらには数ある安全規制を厳守することを決意しました。

そんな彼の努力は乗客の心をつかみ、顧客ネットワークが創出されました。しかし、そのネットワークが大きくなると彼一人での管理は難しくなり、自分のようなドライバーを増やす必要性を痛感したのです。そこで、ドライバーを路上で募集し、彼らがより信頼を得るために必要なトレーニングと装備を提供することにしました。

そこに加入したのがMaxime Dieudonne氏とBriton Alastair Sussock氏。両者はルワンダで働いており、ルワンダのボダボダのシステムは組織的で比較的安全だったのです。

こうして3名体制で始まったSafeBoda。専門知識と経験を組みわせることで、競合にも負けないアプリビジネスを構築しました。ウガンダのSafeBodaでは、食べ物のデリバリーや荷物を送ることも可能です。

SafeBodaの今後  


SafeBodaは、競争力のある価格を提供することにより利便性と安全性に対する評判を高め、ウガンダ市場を獲得しました。

しかし、ウガンダ市場に目を付けた競合達もまた、成長を続けています。

配車アプリを世界的に広めたUberやTaxifyがその一例です。2016年にウガンダ市場に参入したUberは、ウガンダにおける車保有者の増加により、ドライバーの登録者数を伸ばし続けています。サービスの一つ、Uber Eatsも人気を博しています。

Taxifyは2018年にタクシーのみでなくバイクタクシー市場にも参加し、人々を安価で目的地へと届けています。

SafeBodaは、これまでに作り上げたドライバーのコミュニティを通じてバイクタクシーの安全を保証することで、他社との差別化を図ってきました。現在では、企業向けにパッケージ販売も行っています。

サービスを開始した当初は、人々は新しいものの利用を避けたため、それほど成功するようには見えませんでした。しかし現在、このアプリはウガンダの中央ビジネス地区で毎日4万回以上のユーザーを獲得しているほか、バイクタクシー以外のサービスも提供しています。そして、それが新しい市場にも拡大したことは良い兆候で、今後の動向に注目が集まります。

アフリカ進出をご検討中の企業様はぜひANZAまでお問い合わせください。
アフリカ進出計画のご相談はもちろん、アフリカ駐在員によるクイック調査アフリカ現地企業ニーズ情報の提供現地視察のプランニング現地テスト販売など幅広いサービスをご用意しております。メールマガジンも配信しておりますので、ご希望の方はこちらよりご登録ください。

ANZAは日本企業のアフリカ進出を支援するAAICが運営しております。
AAICのこれまでのアフリカでのプロジェクトはこちらからご覧いただけます。


《企業情報》
SafeBoda
■設立年:2015年
■本社所在国:ウガンダ
■資本金:130万ドル
■URL:http://www.safeboda.com/home/
■事業内容:Uberのバイクタクシー版。ドライバーに交通安全講習の受講とバイクのメンテナンスを義務付け、身元が容易に確認できる仕組みを作ることで乗客からの信頼を得ている。

Uber
■設立年:2009年
■本社所在地:アメリカ合衆国
■資本金:247億ドル
■URL:http://www.uber.com/
■事業内容:タクシー配車アプリ。一般人が自分の空き時間と自家用車を使って他人を運ぶのが大きな特徴で、顧客が運転手を評価すると同時に、運転手も顧客を評価する「相互評価」を実施している。

Taxify
■設立年:2014年
■本社所在地:エストニア
■資本金:非公開
■URL:https://taxify.co/
■事業内容:Boltという配車アプリの運営、開発を行う。本社があるエストニアでは電動スクーターのレンタルも実施している。

《参照》
2020年3月27日閲覧
2 Weeks After Launching In Nigeria, SafeBoda Hits 1 Million Users – Here’s How The Startup Went From Zero To A Million

2020年3月31日閲覧
Uber vs taxify vs Safeboda Uganda prices and feature comparison