ケニアの大統領選、最高裁判所がオディンガによる訴えを棄却し、ルトの勝利が確定

2022/09/06

本当に公正な選挙だったのか?新政権で汚職は改善されるのか?

8月9日にケニアで総選挙(大統領、下院議員、下院の女性代表議員、上院議員、郡知事、郡議会議員の6つの選挙)が行われ、15日、ウィリアム・ルト副大統領(55)が得票率50.49%、1.64ポイントの僅差で勝利(対立候補のライラ・オディンガ元首相(77)は48.85%)。オディンガは8月22日に選挙の不正を最高裁判所に訴えました。しかしながら、9月5日最高裁判所はオディンガによる訴えを棄却、ルトの勝利が確定しました。

(続きはANZAを運営するAAICのレポートをご覧ください。)