エジプト発のヘルステックスタートアップShezlong(シェズロン)がメンタルヘルス専門の遠隔診断プラットフォーム拡大のための資金を調達!

2020/06/27


エジプト発のメンタルヘルスに特化したヘルステックスタートアップShezlongは、新たな資金調達を実施したことを発表しました。(調達額は非公開)

出資には、弊社が運営するAfrica Healthcare Masterfund(アフリカヘルスケアマスターファンド)、中東、ヨーロッパ、米国におけるヘルスおよびウェルネススタートアップへの投資家Mohamed El Khamissy氏、カイロを拠点とするエンジェルファンドHIMangelが参画しました。

Shezlongのサービス


2014年にAhmed Abu Elhaz氏とMohammad ElShami氏によって設立された同社は、ユーザーがライセンス取得済の精神科医と遠隔で診断をうけるためのプラットフォームを運営しています。ユーザーは、500名を超える精神科医と最大1時間オンラインで会話することができます。セラピストのグレード別に料金が設定されており、30分で20~75米ドルの費用がかかります。ユーザーは自身の個人情報を精神科医に共有しないという選択が可能で、会話の詳細が公開されることもありません。

同社によると、プラットフォームには10万人を超える登録ユーザーがおり、精神科医と頻繁に会話しているとそうです。

また、ユーザーが自身のメンタルヘルスと精神的な問題を理解することを助長するため、無料で初期診断診断や予防に関する情報を提供しています。認知行動療法に基づいたプログラムとなっており、ストレスや不安への対処法を個別に教え、また、深呼吸や肯定的なセルフトークなどのリラクゼーションの方法を提供しています。

同社は、調達した資金を使用し、地域全体だけでなく世界中のアラビア語を話す人々にもサービスを拡大するとともに、SMSなどを使用したテキストベースのセラピーや企業向けのメンタルヘルスに関する福利厚生プログラムなどの新サービスも導入する予定です。

弊社のパートナー半田は、「Shezlongは、プライバシーの保護を備えたプラットフォームを通じて、人々が健康を取り戻すために役立つ大きな可能性を秘めています。私たちはストレスの多い世界に住んでおり、COVID-19などの不確実性が原因で、心理的苦痛が増大しています。このようなメンタルヘルスの課題に取り組むためのShezlongの旅の一員として参加できることを嬉しく思います。」と述べています。

アフリカ進出をご検討中の企業様はぜひANZAまでお問い合わせください。

アフリカ進出計画のご相談はもちろん、アフリカ駐在員によるクイック調査アフリカ現地企業ニーズ情報の提供現地視察のプランニング現地テスト販売など幅広いサービスをご用意しております。 メールマガジンも配信しておりますので、ご希望の方はこちらよりご登録ください。

ANZAは日本企業のアフリカ進出を支援するAAICが運営しております。
AAICのこれまでのアフリカでのプロジェクトはこちらからご覧いただけます。


《企業情報》
Shezlong(シェズロン)
■設立年:2014年
■本社所在地:エジプト 
■資本金:66万6,000米ドル 
■企業URL:https://www.shezlong.com/ 
■事業概要:メンタルヘルスに特化したオンラインカウンセリングサービスの提供。 

《参照》
2020年6月17日閲覧
Egypt’s Shezlong gets fresh funds to expand its mental health platform
『Shezlong』オンラインでメンタルヘルス専門のカウンセリングを提供