アフリカでの日本のプレゼンスとグローバル人材育成の要件

2022/06/19

 韓国では400~600万人が海外で生活しているといわれており、人口の15%に相当します。欧州も同様で、オランダ、アイルランド、北欧などでは、職を求め国外に居住することは当たり前となっているのです。欧州や米国で働くことは一般的で、ドバイやアフリカ、アジアでも多くの人が働いています。

 2021年、外務省による日本の海外在留邦人数は135万人。長期滞在者が81万人、永住者が54万人です。それは日本の人口全体1.26億人の約1.1%に相当します。

 今後、日本市場は高齢化が加速しながら人口が減少し大きく縮退するとされています。このような状況において日本はどうすればよいのでしょうか。

 アフリカ進出をご検討中の企業様はぜひANZAまでお問い合わせください。アフリカ進出計画のご相談はもちろん、アフリカ駐在員によるクイック調査アフリカ現地企業ニーズ情報の提供現地視察のプランニング現地テスト販売など幅広いサービスをご用意しております。

 ANZAは日本企業のアフリカ進出を支援するAAICが運営しております。AAICのこれまでのアフリカでのプロジェクトはこちらからご覧いただけます。