偏見を超えてメンタルヘルスケアに取り組むエジプト発へルステック、Shezlong

2022/03/31


欧米を中心にメンタルへルスへの理解と注目は高まっていますが、目に見えない精神疾患への偏見は大きな課題として残っています。

エジプト発のメンタルヘルスに特化したヘルステックスタートアップShezlong(シェズロン)は、偏見が強く残るイスラム圏で同問題に取り組んでいます。

オンラインカウンセリングでメンタルへルスケアを身近に


Shezlongは、エジプトで利用者数ナンバーワンのオンラインヘルスケアプラットフォームを展開しています。

ユーザーがライセンス取得済の精神科医から遠隔で診断をうけ、最大1時間オンラインでカウンセリングを行う仕組みになっています。

精神科医のグレード別に料金が設定されており、30分で20~75米ドルという比較的安価な価格で利用できます。
ユーザーは自身の個人情報を精神科医に共有しないという選択が可能で、会話の詳細が公開されることもありません。

現在、85カ国で120,000人のユーザーと500人以上の精神科医に利用されている同サービスは、ユーザーの6割がエジプト・中東のイスラム圏で、社会的スティグマを気にせず、オンラインで気軽にメンタルヘルスについて相談することを可能にしています。

サービスの詳細は、こちらで紹介しています。

ANZAを運営するAAICは、楽天株式会社のヨーロッパにおける事業を統括するRakuten Europe S.a.r.l.と、「AAIC・楽天アフリカイノベーションプロジェクト」を2020年10月より始動し、投資先スタートアップ企業の事業成長に寄与するメンタリング(経営、技術に関する助言)を通じて、社会課題解決を促進しています。

怪我から生まれたオンラインカウンセリング


2014年にAhmed Abu Elhaz氏とMohammad ElShami氏によって設立された同サービスは、Elhaz氏の怪我をきっかけにはじまりました。

ギザのピラミッド周辺の乗馬ツアー中に転落して怪我を負って職を失ったことで鬱病になった同氏は、安価で信頼できるメンタルヘルスサービスを受ける難しさを感じました。

これがきっかけとなり、患者と精神科医をマッチングして繋げるオンラインプラットフォームを作成し、Shezlongがはじまりました。

同社はコロナウイルスの流行をうけて、ユーザーは31%、登録精神科医は27%の増加を報告しています(2020)。

はじめはオンラインで行うカウンセリングに対して反対する精神科医が多かったものの、対面でのカウンセリングの実施が難しくなったことにより登録が増えました。

イスラム圏のメンタルへルスへの根強い偏見


メンタルヘルスサービスを展開する上で一番の障壁となるのは、偏見だと同氏は述べています。

2018年のエジプトの保健省の調査によると、人口の4人に1人は精神疾患を抱えていると言われていますが、エジプトを含むイスラム圏ではメンタルへルスへの理解が進んでいません。

「精神疾患=弱い・おかしい・信仰心が足りない」と捉えられる風潮があり、サポートを必要とする人が助けを求めにくくなっています。

同氏は、ユーザーとカウンセリングサービスを繋げるだけでは打開策にはならないと述べていますが、
誰にも頼れずに苦しむ人にアクセスしやすい方法を届けることや、SNSを通じて正しい理解・知識を広げることは、偏見が残る社会で画期的な取り組みと言えます。

誰にも知られずに助けを求められる仕組み


世界的にみると自殺率は男性のほうが高いですが、同サービスのユーザーの6割は女性が占めています。

保守的なイスラム社会では、女性は行動の制限が多くサポートを得ることが難しいため、自宅からアクセスできるサービスは人気を集めています。

ユーザーの年齢層は20歳から45歳と比較的若く、大学生や主婦層に多く利用されています。

社会的偏見から精神科の利用を家族(親や夫)が許さないケースが多いですが、Shezlongなら病院に行かないで誰にも知られずにカウンセリングを利用することができます。

地域別にみると、エジプトとサウジアラビアからの利用者が多く、農村部に住む人もサポートを受けやすくなっています。

精神科医が存在しないというだけでなく人間関係が密な農村部では特に、精神科医にかかるハードルは高くなります。

自分の部屋で誰にも知られずにアクセスできるオンラインカウンセリングは、偏見が根強く残るイスラム社会に適した方法で支援を届けることに成功しています。

《参照》
Online therapy start-up aims to reduce stigma of mental health in Middle EastGeneration Start-up: Shezlong seeks to remove mental health stigma through online counselling
Shezlong reports 31% increase in users due to COVID-19


アフリカ進出をご検討中の企業様はぜひANZAまでお問い合わせください。

アフリカ進出計画のご相談はもちろん、アフリカ駐在員によるクイック調査アフリカ現地企業ニーズ情報の提供現地視察のプランニング現地テスト販売など幅広いサービスをご用意しております。

ANZAは日本企業のアフリカ進出を支援するAAICが運営しております。AAICのこれまでのアフリカでのプロジェクトはこちらからご覧いただけます。