西アフリカ最大の製造業コングロマリット、Dangote Group

2020/01/08

ナイジェリアには、セメント事業を中核とした西アフリカ最大の製造業コングロマリット、Dangote Groupが存在します。1981年に設立され、現在では、セメント、石油・ガス、鉄鋼、食品、港湾運営、通信、包装等多岐にわたる事業を行っています。今回は、同社について見ていきたいと思います。

現地企業のインフラ系企業で売上2300億円規模 

多岐にわたる事業を展開する同社の時価総額は、Dangote Cement社を取り上げてみても、2015年9月時点で、2兆8,750億ナイラ (1NGN=0.6円換算で1兆7,250億円)になります。セメント事業はナイジェリアだけでなくアフリカ10カ国以上で展開しています。

1990年代にはナイジェリア最大のコングロマリットの一つへ

1981年に、セメント中心の貿易事業を核として設立されて以降、セメントのみならず砂糖や小麦粉など多様な商品の取扱いへと事業を拡大し、1990年代にはナイジェリアにおける最大級コングロマリットの一つになるまでに成長しました。

貿易中心の企業から製造業へのシフト

1999年、ナイジェリアが民政移管を経た年、同グループは貿易中心の企業から製造業へのシフトを決めました。消費財の多くが輸入される同国において、拡大し続ける需要に対応することを目標に据えました。小麦粉・砂糖・パスタの工場建設を手掛けた後、2000年にはナイジェリア政府からBenue Cement Companyを買収、2003年にはサブサハラ地域最大のセメント工場の操業を開始しました。
現在は、サブサハラ地域最大級コングロマリットの一つとして、セメント、石油・ガス、鉄鋼、食品など広範囲にわたり事業を展開しています。

アフリカ進出をご検討中の企業様はぜひANZAまでお問い合わせください。
アフリカ進出計画のご相談はもちろん、アフリカ駐在員によるクイック調査アフリカ現地企業ニーズ情報の提供現地視察のプランニング現地テスト販売など幅広いサービスをご用意しております。メールマガジンも配信しておりますので、ご希望の方はこちらよりご登録ください。

ANZAは日本企業のアフリカ進出を支援するAAICが運営しております。
AAICのこれまでのアフリカでのプロジェクトはこちらからご覧いただけます。


≪参照≫
https://www.dangote.com/